≪ 前の画面に戻る


2015年8月アーカイブ

フォーラム「傾聴する僧侶の現場」

| コメント(2) | トラックバック(0)
僧侶が聴くだけで臨床で役に立ちますのん? 僧侶は現場で臨床心理士、カウンセラーとどう違うの? 寺院や医療・福祉の現場で「聴くことでお役に立てた」といった声がある一方、、一生懸命聴くことで、生きることへの無意味、空虚など、答えのない問いが露呈し、その苦しみを受け止め悩んでいませんか?この状況の中でもそれぞれの現場でお役に立てたと実感できるためにも信念対立を乗り越え、明日の僧侶としての活動が楽しくなるよう、意味のあるミーティングとなることを願って、フォーラムを開催します。ご参加お待ちしております。

テーマ/傾聴する僧侶の現場
日時/2015年8月26日(水)18時30分〜20時30分
会場/知恩院 和順会館会議室A
参加費/1,000円(当日受付にて)
オープニングスピーチ/石倉真明(傾聴僧の会代表)
進行/福井文雄(京都仏教文化フォーラム)
さまざまな現場でケアを実践されている僧侶の方々にゲストとしてご参加お願いしています。
主催/傾聴僧の会、京都仏教文化フォーラム

※事前登録制ではありませんが、ご参加頂ける方は、傾聴僧の会事務局までメール連絡いただけるとありがたいです

フォーラム後懇親会を企画しています。

お問い合せ 傾聴僧の会事務局
keichosou@houjuji.net